ゼロクロに戻りました


とだけ書くのもアレなのでほんへとの違いとここで起きている事についてピックアップ、まあ

キャトラ、大いなるルーン説
闇の王子と光の王の考え方の違い

だけなんですけどね(後者は読めばわかるけど一応白猫やらずにアニメ見てるやばー奴いるかもしれないから多少はね)

キャトラ大いなるルーン説

ほんへだとキャトラってアイリスに変じたとだけ書いてあるんですが今回はガッツリ大いなるルーンだったのでそこだけはピックアップしておこうかなと思います
まあ、ピックアップだけしておくだけでこれと言った深堀はしないんですけどね

それは別の機会で

アイリスと王子の考え方の相違

ゼロクロみろ!設定資料集みろ!と言いたいところですが一応今回しっかり出てきたしとりあえずね

アイリスは第8話の終盤らへんでアイリスが思っているようにお互い端にいる事で白と黒の均衡が守れると考えています
まあ簡単に言うとシーソーみたいなもの

しかし、闇の王子は第6話でアンチョビを白の国の家庭料理のスープにぶち込んだりした事から分かるように交流があっても仲良くやれるやろと言う考えです
シーソーのど真ん中にいるようなもの(語彙力が貧民なので例えが出なかった)

まあ故にすれ違い起きるんですがそれはまあまた後日ネタバレになるのでね

まとめ

感想にまとめってなんだよ

意外と後半見てくと日常回の意味もある奴が多いのでいいアニオリだったのかもしれません

まあ、問題は後々になって噛み合ってくるので前半で見るのやめられると終わるわけですがそもそも前半で切ってるやつは6話とか7話とかみてないわな!わはわは